<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
NEW ENTRIES
ARCHIVES
Who am I ?
FREE SPACE
LOG IN
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
強がりな君へ
飾らない
ありのままの

むしろ
弱い方が
耳を傾けようと
するから

そんなに
強がらなくて
いいんだよ


| 志癒の詩 | 00:25 | comments(0) | - | qnanep |
『ツライ』
ため息が止まらない
現実が止まらない
突き刺すその言葉
僕の存在がない

想いが届かない
好きなのに届かない
撥ね返るこの言葉
僕はもういない

冷めた
目をした君は
ここにこないで

何も
思わないなら
優しくしないで


思い通りにいかない
想い其所に行けない
触れたいのに
触れたくない

入る隙間なく弱気になる
自分勝手泣く病気になる

こんなにも苦しいなら
もう見ない
君の心に僕など
いないから
| 志癒の詩 | 01:03 | comments(2) | - | qnanep |
『フカイ』
小さな望みをあなたに託し
大きな言葉で深く夢みた
雑砂の中埋もれた私
拾われるのをここで待ってる

音を頼って温度を感じ
月明かりを見て寂しさを知る

下を向いて歩く人達
私の姿に立ち止まってた
なのにあなたは気付かないフリ
只々通り過ぎるだけ

好きなものだけ見て
好きなものだけ触って
好きなものだけ大切に

あとは(フカイ)投げ捨てた

小さな望みは冷たく揺らぎ
大きな世界へ深く沈んだ
無感覚の中動けない私
拾われるのをここで待ってる
| 志癒の詩 | 00:35 | comments(0) | - | qnanep |
『涙と星』
僕を軸にして回ってる世界
引力によって
欲しいものはすべて
手の内に入るはずなのに

何もない 何もない
音さえも聞こえない

僕の孤独はここから生まれる

いくら叫んでも
反響するばかりで
君の元まで届かない

そんな悲しみが
幾つもの涙となり
僕に逆らい落ちてゆく

涙ほど重いものはない
なのに
心が軽くならない

なぜだと思う?

僕の涙を受け止める人が
いないから

涙を星に変えてよ
涙を星に変えて
涙を星に変えてよ
涙を星に変えて

抱えきれないほどの星を
君にあげるよ
渇いたその心に
| 志癒の詩 | 01:34 | comments(0) | - | qnanep |
『心想』
誰も気付かない
この場所に来てくれる
そんなあなたが一人
いてくれればいいのです

何の為に想い残して
ここにいるのか分からない
届かないから涙流して
生きてることを確かめる

そんな日々を繰り返す
そんな日々を繰り返す

信じる心投げ捨てて
拾ってくれるのを待ってる
矛盾だらけの言葉の中に
隠れてる心想だけを

そんな孤独を繰り返す
そんな孤独を繰り返す

誰も気付かない
この場所に来てくれる
そんなあなたが一人
いるだけで生きれるのです

心想に触れると
壊れてしまいそうだから
ここでずっとずっと
あなたを想っている

ここでずっとずっと
あなたを想っている
| 志癒の詩 | 01:53 | comments(0) | - | qnanep |